カードローンやキャッシングの審査に不可欠な信用情報

銀行や消費者金融のカードローン、あるいはキャッシングを利用してお金を借りる時には、審査が行われます。これは、その人に返済能力があるかどうかを見るためのものなので、通らなければ借入れはできません。主にチェックされるのはまず収入です。もし仕事をしていなくても、不動産収入や内職で収入があるような場合は、お金を借りられることもあります。
それから信用情報です。これはどのようなものかといいますと、ローンを含む他業者からのお金の借入れや、クレジットカードなどの取引履歴を確認するためのものです。もし返済が3回以上遅れている場合は、事故情報、俗にいうブラックが5年間登録されますので、その間のお金の借入れはできません。また債務整理を行った時も同様で、その間の借入れや、クレジットカードを作るのは難しくなります。申込みをしたいけれど、通るかどうか心配という人は、まず信用情報機関に連絡を入れて、自分の情報を送ってもらうといいでしょう。
また、他の業者からの借入れも審査では重要な位置を占めます。消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額までしか借りることができません。それでも借りたい時は、総量規制対象外の業者か、総量規制が最初からない銀行がお勧めです。また銀行でも、借入れ件数が多い場合は不利になります。たとえば同じ100万円を借りている場合でも、5社から20万ずつより、1社から100万の方が信用が大きくなり、通りやすくなるのです。